エグゼクティブ・経営幹部・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介・求人情報サイト「キャリアウォーズ」

  • エグゼクティブ、経営幹部、管理職の転職を検討される方へ 転職サポートをご希望の方 キャリア登録はこちら
  • 法人様向け人材紹介サービス 採用担当者様へ

キャリアコラム

第15回 キャリア・アンカー
2006-03-01

 毎年、当社に一千人を超える方々が、キャリア相談に見える。それぞれ個々人、仕事生活を通じ、自分の世界を求め、自分探しの人生を歩んでいる。
社会人デビューの際に、多くの人が成り行きで就職・就社して、今に至っているケースが多い。改めて学生時代にキャリアを、意識してゆくことの大切さを感じる。そして、過ごしたキャリアを生かし、これからを考えていく為には、その人なりの新しいキャリアプランが求められる。キャリアは、デザイン(設計)とドリフト(流れ)の連続で成り立っている。節目節目でこれまでの自己の仕事キャリアを振り返り、これからの未来をデザインしてゆくことが、激変の今、ますます求められている。当社に、相談にこられる方々は、27歳~33歳、あるいは、40代前後が多い事も、社会人10年目と20年目は、大きな節目となるからと思える。

 今から20年程前、アメリカの大学に出かけた際、キャリア・アンカーという言語に出逢った。 キャンパスで、出会ったアメリカのビジネスマンに、「貴方のキャリア・アンカーは何?」と聞かれ、いったいなんのことか答えられないでいると、アメリカではキャリアの概念のスタンダードであると教えてくれた。 「キャリア・アンカーとは、自分が船だとしたら、遠洋航海先で、どこの国の見知らぬ土地に行こうが、行った先で降ろす錨(アンカー)がある。それと同じように、ビジネスマンには、40年近い仕事人生キャリアを歩むには、どんな組織で、どんな環境で仕事をしても、その人の拠り所となるとなる不動の錨(アンカー)があるという概念なのだ」と・・。そのアンカーとは、もちろん、人によって違う。専門職的生き方というアンカーもあるし、起業家的創造性、マネージメント的、生活スタイル的や、安定志向、社会貢献等のアンカーがあると言われている。そして、何よりも『キャリア・アンカー』に気がついている人は、何処に行っても輝いて仕事をしている傾向にある事実に驚きを感じる。
私は、必ず、相談に見えた方に、「あなたは『何が』、得意ですか?」「これまでやってこられたキャリアで、最も自分が、しっくりきた時は、どんな環境で何をやっていましたか?」「あなたが、やりたいことや思いWILLは何ですか?」「何をやっている自分に、価値や意味を感じますか?」「ぞくぞくワクワクしている時は、どんな時ですか?」「これまで誰と仕事していた時が、面白く楽しかったですか?」とアンカーを意識して、話を伺っている。そして、どんな条件(年収、勤務地)かを、確認し、これらを、イメージするところから、キャリアのデザインをするように助言している。

 人は、百人百色、それぞれの皆さんの、不動の「錨」アンカーを自覚して、輝くキャリア人生を過ごして欲しいと願っている。

インターウォーズ株式会社
代表取締役社長
吉井 信隆

吉井信隆 サイン
ページトップ - エグゼクティブ・管理職の転職

「キャリアウォーズ」はインターウォーズ株式会社が運営する、エグゼクティブ・経営者・幹部(幹部候補)・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介情報サイトです。