エグゼクティブ・経営幹部・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介・求人情報サイト「キャリアウォーズ」

  • エグゼクティブ、経営幹部、管理職の転職を検討される方へ 転職サポートをご希望の方 キャリア登録はこちら
  • 法人様向け人材紹介サービス 採用担当者様へ

キャリアコラム

第26回 マネージャーには
2008-12-05

 昨年、知人の企業に入社したいという同業他社の部長職の方が「成長している会社で自分も成長したい」と言って直接社長にアプローチしてきた。タイミングよくこの企業の社長は、中堅どころのリーダーが必要だったので即決で採用した。
 入社して彼は、自分のやり方、考えを周りに押し付け、入社した企業の風土や仕組みを否定し、自分の器に企業を合わせようとしてしまった。
 彼の器や能力が、世の中の水準以上だったら部下も会社も付いていったかもしれないが、業界に長くいた固定観念と経験則に染まっており、入社したベンチャー企業のスピードと変化に追いつけず、逆にそれを危険な成長と決めつける方向に逃げてしまった。
 そして、おとなしそうな部下達を飲みに連れて行って、「お前たちは全然解かっていない、俺のいう通りにやれ、そうしたらきっと旨くいく」と、人心掌握をしていないうちに上から高圧的にものを云ってしまった。当然誰も付いてこなく、彼の部は業績も上がらなかった。その後、会社の批判が始まり、「数字は上がっているが、中はめちゃくちゃでまともな人がいない」といって、彼は辞めていった。

 世の中には自分の器や経験や能力、スキルを勘違いして、周りを自分のレベルに合わせようとする人がいる。そういった人は、年齢やこれまでの地位などが高かった人が、意外と多いように思うことがある。
 人の上に立つと、自分を押し付けてしまったり、相手の気持ちを無視したり、良いところを押さえ付けたり、欠点を責めてしまったり、自分に一方的に合わせさせようという傲慢さに陥ってしまうことがある。
 人をマネージメントする立場の人には、相手の人間性を認め合い、自分を変え、相手に合わせられる心の広さを抱くような心意気で、(自戒の念を含め)望んで欲しいものだ。

インターウォーズ株式会社
代表取締役社長
吉井 信隆

吉井信隆 サイン
ページトップ - エグゼクティブ・管理職の転職

「キャリアウォーズ」はインターウォーズ株式会社が運営する、エグゼクティブ・経営者・幹部(幹部候補)・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介情報サイトです。