エグゼクティブ・経営幹部・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介・求人情報サイト「キャリアウォーズ」

  • エグゼクティブ、経営幹部、管理職の転職を検討される方へ 転職サポートをご希望の方 キャリア登録はこちら
  • 法人様向け人材紹介サービス 採用担当者様へ

転職体験談

Case 014 転職は未来の自分をイメージ

T・Sさん 45歳・男性

プロフィール
前職金融情報サービス業 広報IRマネージャー
現職不動産投資業 海外不動産IRシニアマネージャー
転職活動期間約9ヶ月

転職の経緯、またそれによって得たもの

・転職はまず未来の自分をイメージ

私は過去2回キャリアアップを図る事を目的に転職を重ねて参りました。
視聴率No.1を誇る国内民間放送局からNHKへ移り、その後外資系金融情報会社へと進み今回が3度目となります。今回の転職の発端となったのが資格取得への挑戦でした。
外資系企業は世界各国から選りすぐりの人材が集まる集合体です。その中で生き抜き更に勝ち残っていくには、彼等より一層のスペックをアピールしなければなりませんでした。そこで40歳を過ぎた時MBAの資格を取る選択をしました。
しかしご承知の様にMBA取得には時間と金が掛かります。会社の奨学金制度を利用する手段もありましたが、私の場合、会社側は長期の留学を認めてはくれませんでした。暫く私個人と対会社側との押し問答が続き、結論として退社して自費留学するというものでした。会社側から慰留されたものの自分の意思は固く、 MBAを取得し、より豊かな人生設計を送りたい願望が信念となり想いを貫きました。

他の方と違う点はどこどこの会社に移りたい為の転職ではなかったという点です。
本来であれば具体的な企業をイメージしてA社からB社に移りたいと願った上で転職を決意する方がベターであるのに対し、私の場合は自分への大博打に出た訳です。もし仮に退社してMBAも取得できていなければ、人生を棒に振り路頭に迷う事もあり得た訳ですから。思い切った事がよく出来たものだと震えてしまいます。しかしその後人生の神は思い掛けない方向へと導いてくれる事となります。

ここで申し上げたいのは、あの時、未来の自分の姿をはっきりイメージ出来た事が良い結果に結びついたのだと思います。

・良いコンサルタントとそうでないコンサルタント

ニューヨークのコロンビア大学ビジネススクールで苦労の末MBAを取得し帰国した私を待受けていたのは、大企業からの洗礼でした。帰国する機中での私は、未来の自分の姿に酔い知れ、気分は一流のビジネスマンそのものでした。しかし大企業は甘くはありませんでした。

帰国後某転職コンサルタント会社に登録し活動をスタートさせました。
紹介された企業はどこも超一流の大企業で夢は果てしなく、私の鼓動は一気にヒートアップし書類選考結果を待詫びていた時、コンサルタント会社から1本の電話が入りました。
残念ながら今回はお見送りさせて頂きたいとの趣旨説明を受け、その日だけで数社からの書類選考不通知の連絡を受け、私は一気にトーンダウンし真空の宇宙へと上り詰めた気持ちが大気圏へ突入し海上へと落下し深海に沈む、そんな心境でした。原因は実年齢によるものが大半でした。これが今回の私の転職活動の第1 歩となり、その日を記念日に記したくらいです。記念日のタイトルは"ああ無情"日です。

そんな沈んでいる気持ちを再び奮起させる上で重要だったのが、より良いコンサルタント会社の自分に合った素晴らしいコンサルタントの方との会話でした。
転職への悩みを聞き入れてくれる最良の理解者であり、また、アドバイザーでもある彼等の言葉には、説得力がありました。今回の転職の際お世話になった勝沢さんとの会話にも、随所随所にパワーポイントワードが散りばめられその都度救われました。

最も印象的だったのが私自身のウィークポイント、セールスポイントを細かく質問して下さった事です。またその事を自分も相手に話す事で自信をとり戻す事が出来たのだと思います。その結果相手企業へ目に見える形でご紹介頂けたのだと実感しております。

面接の上で常に心掛けていたのは、勝ちに行くというオーラみたいな物を大事にしました。戦国時代武将たちはオーラを出す為に挙って競い合うように斬新な鎧兜を頭に載せ戦っており、これは時を隔てた現代には当てはまりませんが、相手に見えない鎧兜を被る事も重要に思います。熱意と情熱を具体例と将来性を交えて相手に訴えるという事です。

今回の勝沢さんという素晴らしくもありまたユーモラスでもある優秀なコンサルタントとの出会いに至るまで8ヶ月という歳月を私の場合は要しましたが、諦めなかった事が最大の勝利の要因です。
入社決定通知後の勝沢さんと築地の寿司屋で飲んだ美酒は最高の味となった事は言うまでもありません。

入社後の感想

1月1日付けでシンガポールアセットマネジメントのIRシニアマネージャーとして配属され日々奔走していますが、意思決定段階に於いてそのスピード感の早さと決断力の迅速さには驚かされます。マーケット関係者がそうであるように企業トップ以上にハンドルを握っているのは一個人だという点が面白味です。
より一層の確実な根拠を持った上でスピーディーな業務運営を心掛けていきたいと思います。

インターウォーズを利用して

他社と違う点はコンサルタントの質の違いです。
質で重要な事は紹介案件の豊富さでも情報量でもなく人間性そのものです。
コンサルタントである前にお互い企業人な訳ですからどこまで相手の本質を見抜き、またそれをどのような方向性で引っ張って行けるのかが最も重要且つミッションです。

その質の違いを改めて感じました。

同年代の転職を考えている皆様へ

「焦る事なく心穏やかにじっくり活動して下さい。」こういった文面を転職成功者のメッセージとして目にしますが、私は正反対です。
時間はどんどん逃げるように過ぎ、企業は貪欲に利益を求めて尽きる事なく秒刻みで成長していきます。そのスピードに合わせいくべきだと考えます。
今出来る事を1週間前にやっておく事をお勧め致します。

担当コンサルタントより

担当コンサルタント T・S様、ご入社本当におめでとうございます。
転職の相談でお会いしてから内定まで長丁場のご紹介でした。
とてもユニークなご経歴でありながら、品格がありかつユーモアのあるお人柄で、お話を伺いながら何とかお手伝いをしたい方だと感じました。
面接に臨む際にも何度も「作戦会議」を開いて、相談をしながら進めてきました。
面接ごとにきちんと事前の情報収集をされ、面接でのプレゼンテーションもすばらしく、さすが経済記者のご経験をお持ちの方だと、私もT・S様の取り組み姿勢から多くを勉強させて頂きました。

シンガポールのIRを担当し、これからアジア(世界)を相手にビジネスをされてゆくので、とてもお忙しいことと思いますが、たまには築地のすし屋でT・S様の武勇伝を是非聞きたいと思っています。
今後ともお付き合いどうぞよろしくお願いいたします。
シニアアソシエイト 勝沢宏安
ページトップ - エグゼクティブ・管理職の転職

「キャリアウォーズ」はインターウォーズ株式会社が運営する、エグゼクティブ・経営者・幹部(幹部候補)・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介情報サイトです。