エグゼクティブ・経営幹部・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介・求人情報サイト「キャリアウォーズ」

  • エグゼクティブ、経営幹部、管理職の転職を検討される方へ 転職サポートをご希望の方 キャリア登録はこちら
  • 法人様向け人材紹介サービス 採用担当者様へ

コンサルタントボイス

Voice 009 勝つバレー
2009-04-08

先日、深夜のTV番組で、女子バレーボール現役日本代表選手のイタリアのプロリーグでの奮闘記を放映していた。
イタリアのプロリーグ「セリエA」は、世界最高峰のバレーボールリーグとして知られるリーグ。昔でいうところの武者修行といったところだろうか。その中に興味深いくだりがあった。

彼女はセンターポジションということもあり、日本での練習では、トスを上げるセッターとのコンビネーションの練習に時間のほとんどを割いていたが、「セリエA」では、コンビネーションの練習はほとんどせず、驚いたとのこと。

何をするか?
答えは

「二段トスを打つ練習をする」
のだそうだ。
なぜか?

「レシーブがそもそも、セッターに返る確率はそんなに多くない。レシーブをセッターに返す確率を上げることはもちろんのこと、セッターに返らなかった時の対処法を練習で体に叩き込む」ということらしい。

日本では、お家芸である「コンビ・バレー」の実現のためにも、セッターにボールが入ってきたことを前提にシュミレーションする。
日本の団体競技のスポーツが、態勢が崩れ、型通りにいかなくなると、立て直しが難しく、ずるずる敗戦に向かってしまうことが多いのは、こういう背景があるからなのか。

『自分達の勝ちパターンを知り、その形にどのように持ち込むか』
だけではなく、
『劣勢の時にそれにどう対処し、自分達に流れを引き寄せるか』
を常に想定し、戦いに備え、実行する。

『きれいなバレーではなく、勝つバレー』

我々にもヒントになる考え方だと感じた。

インターウォーズ株式会社
シニアアソシエイト
抜田 誠司


ページトップ - エグゼクティブ・管理職の転職

「キャリアウォーズ」はインターウォーズ株式会社が運営する、エグゼクティブ・経営者・幹部(幹部候補)・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介情報サイトです。