エグゼクティブ・経営幹部・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介・求人情報サイト「キャリアウォーズ」

  • エグゼクティブ、経営幹部、管理職の転職を検討される方へ 転職サポートをご希望の方 キャリア登録はこちら
  • 法人様向け人材紹介サービス 採用担当者様へ

コンサルタントボイス

Voice 017 フィンチのくちばし
2012-03-27

事業開発では、企業経営が環境変化に対応できないといけない例えとして、ダーウィンの「進化論」をよく引き合いに出す。

「種の起源」で有名なダーウィンのこの説は、今まで、「種」の存続の為、多くの犠牲を伴って環境の変化に対応すべく、生物は長い年月をかけてゆっくり変化してきたと思われてきた。

ダーウィンが研究したガラパゴスに住む「フィンチ」はこの進化論の着想のもととなった鳥である。
スズメの仲間のこの鳥は、昆虫や、種子、木の実、動物の血など様々なエサによって種類が分かれ、それぞれが異なるくちばしをしている。

ピューリッツァー賞を取った、この鳥の観察から生物の進化を研究した本「フィンチのくちばし」によると、この鳥の環境に伴う変化は、今まで思われてきたように、何十代、何十年とかかって変化していくのではなく、目に見える速さで自らのくちばしを変え「どんどん」適応しているそうだ。

ビジネスを取り巻く環境の変化は増して、ビジネスの変化のスピードも、商品のライフサイクルもどんどん早く、短くなってきている。

戦略の再定義を求められたり、買収または破綻したりと、経営に大きな変化が出てくる企業は今後更に増え、これから先も現在の自社のコア事業に変化がない、という企業の割合は全体の50%以下になるとの予測もあり、会社の環境も大きく変わってきているようだ。

フィンチですら、環境変化でエサが変われば、生き残る為、短い期間ミリ単位でくちばしが変化する。

ならば我々ビジネスマンも、古い価値観のうち、引き継ぐべきと捨てるべきものを見極め、新しい価値観を作り上げ、会社も、事業も、人間も進化していかねばなるまい。

インターウォーズ株式会社
インキュベーションディレクター
高田 亘


ページトップ - エグゼクティブ・管理職の転職

「キャリアウォーズ」はインターウォーズ株式会社が運営する、エグゼクティブ・経営者・幹部(幹部候補)・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介情報サイトです。