エグゼクティブ・経営幹部・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介・求人情報サイト「キャリアウォーズ」

  • エグゼクティブ、経営幹部、管理職の転職を検討される方へ 転職サポートをご希望の方 キャリア登録はこちら
  • 法人様向け人材紹介サービス 採用担当者様へ

コンサルタントボイス

Voice 032 新規事業にまつわる三つの問い
2015-07-01

弊社では、企業様の様々な新規事業のお手伝いをさせていただき、また「イントレプレナー塾」という、企業内起業家育成プログラムも運営しております。
そんな中で、色々な事業案のご相談を頂くのですが、その際に私が切り口として持っている「三つの問い」がありまして、今日はそれを皆さまにシェアしたいと思います。

事業案に、その三つの問いをぶつけることで、事業案の課題や改善点が明確になってくると感じております。
以下、順に申し上げます。


1.時代性
時代性については、以前こちらのコラム(Voice.025 クレー射撃)で書かせていただきました。
いずれにしましても、未来のマーケットに合わせた事業案であることが重要だと考えており、その要素があるのか、という問いです。

2.ビジョン
ビジョンと記載しましたが、決して耳あたりの良い、理念的なことをイメージしている訳ではありません。
新規事業を推進するためには、社内の協力者や、社外のパートナー、そして最終的には顧客を「動かして」いくことが必要になります。
そういった意味では、「人の心を動かす何か」と置き換えても良いかも知れません。
それが例えば、優れたプロダクトであったり、緻密な事業モデルであったり、起案者の情熱であったり、ということだと思います。
それを「ビジョン」と表現していますが、さて、検討されている事業案のビジョンはどんなものでしょうか?

3.KSFの支配
KSFとは、「Key Success Factor」の略語で、事業を成功に導く、文字通り鍵になる要素です。
いろいろな事業案を考察していくと、テーマがどんどん突飛になっていき、「形は理解できるのが、なんとなく納得感やパンチが無い」アイデアになっていくことが良くあります。
そういう場合、大抵はその事業案のKSFを、自社が支配・提供できないケースが多いように感じています。
勿論、ある事業におけるKSFが何であるのか、というのは、それだけで多大な労力を要して探求すべき事柄ではあるのですが、例えば飲食事業に進出するのであれば、「安全で美味しい料理が提供できるのか?」だったり、BtoBビジネスならば「販売チャネル」であったり、BtoCビジネスであれば「ブランド」だったり、ということです。
「その事業案は、自社でKSFを支配できるのか」という要素が、推進していくためにはとても重要になりますし、ひいてはそれが、「自社の経営資源を活かす」ということに繋がると思っています。


さて、長くなりましたが、いかがでしたでしょうか?
新規事業への取り組みは、昨今ますます盛んになってきた印象がありますが、なんらかのご参考になれば、とても嬉しく思います。

インターウォーズ株式会社
インキュベーションコンサルタント
渡辺 大


ページトップ - エグゼクティブ・管理職の転職

「キャリアウォーズ」はインターウォーズ株式会社が運営する、エグゼクティブ・経営者・幹部(幹部候補)・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介情報サイトです。