エグゼクティブ・経営幹部・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介・求人情報サイト「キャリアウォーズ」

  • エグゼクティブ、経営幹部、管理職の転職を検討される方へ 転職サポートをご希望の方 キャリア登録はこちら
  • 法人様向け人材紹介サービス 採用担当者様へ

コンサルタントボイス

Voice 45 言葉の定義よりも
2016-09-30

エージェントの最も大きな役割の一つは、
「人と企業(もしくは人)を繋ぐこと」。

それを実現するための第一歩は、
「相手を理解しようという気持ちを持ち続けること」
だと、私は考えている。

さて、今回は、心情(気持ち)の部分ではなく、
言葉の話をさせていただきたいと思う。

日々、多くの方のお話をお聞かせいただいていると、
ある意味一般的な用語になっていて、使いやすいからこそ、
厄介さを感じるいくつかのワードがある。

 「マーケティング」
 「経営企画・営業企画」
 「マネジメント」

はその代表格。

私が仕事上、今も意識して確認するように
心がけているワードでもある。

何故か?

会社や人によって、意味・使い方・対象範囲が
異なることが多いと感じるから。

しかも、同じ場面でも、使うタイミングによって、
意味合いが変わってくることも頻繁にある。

わかったふり、もしくは違和感を感じながらも、
自分の理解する意味と捉え、聞き続けることもできる。

しかしながら、間に入っているエージェントの解釈が
誤っていることによって、本来、企業が求めている内容や
候補者の経験や強みを的確に伝えきれず、
「人と企業(人)を繋ぐ」というエージェントの
大きな役割を果たしきれない可能性もある。

言葉の定義が大事な場面もあるとは思うが、
少なくとも、エージェントという役割においては、
その方の言わんとしている意味を
しっかりと理解することが大切。

とすると、「人と企業(人)を繋ぐ」エージェントである私にとって
大事なことは、言葉の使い方・定義が「合っている」「間違えている」を
見極めることではなく、その人が言っている意味合いを正しく掴むこと。
当たり前のことでも、わからなければ、勇気をもって聞くこと。
そして、それを正しく伝えること。

「はじめまして」の出逢いが多いからこそ、
限られた時間の中で、相手の理解しようとする気持ちを持ち続け、
決め付けや早合点には引き続き注意したいと思う。

エージェントしての大きな役割を果たすために。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  皆様には、上記のように、一般語になっているような漠としたワードや、
  新しく出てきたような言葉を企業との面接やエージェントとの面談で使
  う際は特に、自身が伝えたい意味で、相手に伝わっているかを見定めな
  がらお話されることをお勧めします。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

インターウォーズ株式会社
コンサルタント
抜田 誠司


ページトップ - エグゼクティブ・管理職の転職

「キャリアウォーズ」はインターウォーズ株式会社が運営する、エグゼクティブ・経営者・幹部(幹部候補)・管理職・プロフェッショナルを結ぶ、転職支援・人材紹介情報サイトです。